関節の健康のサポートにすすめられているサプリメントとして「グルコサミン」や「コンドロイチン」が有名です。昨今、さまざまなサプリメントなどの健康食品が販売されていますが、なかでもこのグルコサミンとコンドロイチンは知らない人はいないのではないでしょうか。テレビや雑誌などのさまざまなメディアでも取り上げられ、関節を構成する軟骨の働きをサポートするといわれます。そんなグルコサミンとコンドロイチンですが、そのちがいをご存知でしょうか。「グルコサミンとコンドロイチンって似たようなもの?」「それぞれどんな働きをするの?」そんな疑問がある人が多いのではないでしょうか。今回は“グルコサミンとコンドロイチンのちがい”について説明したいと思います。

・そもそもグルコサミンとは
“いつまでも元気で活動的に過ごしたい”そんなひとにおすすめなのがグルコサミンです。グルコサミンとは軟骨を構成する成分で、関節をスムーズに動かすために必要な存在です。私たちの関節は骨と骨との間にある軟骨によってなめらかに動かすことができています。その軟骨を構成する「プロテオグリカン」という成分の原料となるのがグルコサミンです。つまり軟骨の材料です。グルコサミンが体内に十分に存在している場合、軟骨の損傷やすり減りをカバーする補助をしたり、軟骨のもととなる「軟骨芽細胞」を刺激して軟骨の強化のサポートをするといわれます。そしてグルコサミンは加齢や生活習慣の悪化によって減ってしまいます。そのため、健康的な関節の維持のためには生活習慣を正し、積極的にグルコサミンを摂ることが重要です。

・コンドロイチンとは
グルコサミンとセットで耳にするのがコンドロイチンです。コンドロイチンはムコ多糖類の一種で、「軟骨」「皮膚」などの体中に存在しています。軟骨に「水分」や「栄養」を運ぶ役割をしたり、軟骨の老廃物を外へ出したりしています。コンドロイチンもグルコサミンと同様、軟骨の健康の維持には必要不可欠な存在ですが、年齢とともに減少してしまうといわれます。

・グルコサミンとコンドロイチンのちがい
グルコサミンとコンドロイチンはどちらもスムーズな関節の動きの維持に必要な存在です。両者の違いはグルコサミンが軟骨をつくっているプロテオグリカンの“材料”となるのに対して、コンドロイチンはプロテオグリカンの“一部”として含まれています。そしてグルコサミンは軟骨を強くするサポートをして、コンドロイチンは軟骨にうるおいを与えたり軟骨が壊されるのを防いだりしています。そうしてグルコサミンとコンドロイチンはお互いにサポートしあって軟骨をつくっています。そのためサプリメントなどの健康食品でもグルコサミンとコンドロイチンを両方含んでいる商品が多くあります。どちらか一方に重きを置くのではなく、グルコサミンとコンドロイチンの両方をバランスよくとることが大切です。

・関節の健康のためにできることとは
グルコサミンもコンドロイチンも、軟骨の形成に必要な成分です。私たちが年齢を重ねても活動的な毎日を過ごすために、グルコサミンとコンドロイチンをバランスよく摂取することが大切です。しかし両方とも食事からとるのも大変で、体内への吸収率も低いといわれています。そのためサプリメントなどの健康食品を利用すると手軽に長く続けることができておすすめです。関節の健康維持のためには「バランスのとれた食事」「適度な運動の習慣」が重要です。これを基本として、不足した分をサプリメントで補うようにするとよいでしょう。健康食品は医薬品と違い、劇的な効果を望めません。しかし一方で副作用の心配がなく手軽にはじめられるという利点があります。これからの超高齢化社会を元気に走り抜けるために、日々の健康意識が重要になってきます。