体を構成している「コラーゲン」と「グルコサミン」

この2つは年齢を重ねることで起こる関節の痛みを防いで、
活動的な生活をするためのサポートをしてくれます。

健康的な習慣としてバランスとれた食事が基本ですが、
コラーゲンやグルコサミンは一日に必要な量をすべて食事から摂取するのは難しいかもしれません。

そんな人のために不足した栄養素を手軽に補うためのサプリメントが多くのメーカーから販売されています。
ところでコラーゲンとグルコサミンはどうして健康に良いといわれているのでしょうか。
「二つを一緒に摂るとなにがいいの?」
「コラーゲンって肌にだけいい成分ではないの?」
そんな疑問を持つ方のために、
コラーゲンとグルコサミンの関係について説明ます。

そもそもコラーゲンとは何か

コラーゲンとはタンパク質の一種で、「骨」「軟骨」「皮膚」「靭帯」などを構成しています。
体内のコラーゲンは体中のいたるところに存在し、
体のタンパク質の30%を占めるといわれています。
コラーゲンにはいくつか種類があり、

私たちの体内に最も多いのがⅠ型コラーゲンで、
関節軟骨の主成分はⅡ型コラーゲンであるとされています。

コラーゲンは現在「化粧品」「健康食品」「医薬品」など多岐にわたって利用され、
人間の生活になくてはならない存在になっています。

コラーゲンを摂るには

コラーゲンは1日に2000㎎も消費され、
しかも年齢を重ねるにつれて減少してしまうといわれます。
そのため食品などから積極的に摂りたい成分です。

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンを多く含む食品は「鶏の軟骨」「牛すじ肉」「ウナギのかば焼き」「鶏ガラスープ」などが挙げられます。

ビタミンC

また、コラーゲンと相性が良いのがビタミンCです。
ビタミンCはコラーゲンが体内で安定して利用されるのに必要な成分です。
そのためコラーゲン単体で摂るよりもビタミンCも一緒に摂るようにするのがおすすめです。

コラーゲンとグルコサミンの関係

関節のサポートに利用されるサプリメントにはコラーゲンとグルコサミンの2つがセットで配合されているものがあります。
この2つは私たちの体にどのように働くのでしょうか。

コラーゲン

コラーゲンは骨や靭帯など私たちの体のあちこちに存在しています。
そして関節内の軟骨(関節軟骨)にも多くのコラーゲンが存在しています。
しかしこれらのコラーゲンは加齢によって量が減り、
また質も低下してしまうといわれます。
コラーゲンが減ってしまうと関節軟骨の弾力が減りダメージを受けやすくなったり痛みが生じやすくなります。
そのためコラーゲンは普段から積極的に摂りたい成分です。
そしてこのコラーゲンはグルコサミンの働きをサポートする働きがあるといわれます。

グルコサミン

グルコサミンもコラーゲン同様、関節軟骨の健康の維持のために欠かせない栄養素です。
すり減ってしまった軟骨のサポートをして関節がなめらかに動くよう働いてくれます。
そしてグルコサミンもまた加齢によって減少しやすいといわれています。

コラーゲンとグルコサミン

コラーゲンとグルコサミンの両方を積極的に摂りいれることでより高い関節へのサポートが期待できるといえます。
サプリメントなどで2つを不足した分を効率よく補うのがおすすめです。

いつまでも活動的な生活を送るために

年を重ねるにつれて、私たちの体内のコラーゲンやグルコサミンは減少していってしまいます。
そのためにはバランスの取れた食事をとることを心がけ、
体を動かし毎日良質な睡眠を摂ることが重要です。
体が元気でなければ心まで元気でなくなってしまうことがあります。
それには健康的な習慣を日々心がける必要があります。コラーゲンとビタミンCをセットで摂ることや、
グルコサミンを積極的に摂りいれることでひざの痛みをできるだけ防ぐことができます。