青汁を飲むことで得られるメリット
苦くて飲みにくいというイメージのある青汁ですが、今は多くのメーカーからさまざまな商品が発売されています。ちいさな子供でも飲むことができるような苦みが少ないものや、牛乳と混ぜて飲むタイプのものもあります。罰ゲームで飲むイメージがあった青汁ですが、普段の生活で不足しがちな「ビタミン」や「カルシウム」を手軽に補うことができます。私も以前、肌荒れ改善のために一時期飲み続けていました。健康だけでなく美容にも効果があるといわれる青汁ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

美容と健康のために青汁を飲み続ける

年を重ねていくと健康というものの大切さがわかってきます。
そういった健康な体を維持し続けていくためには、日ごろからの対策が重要になってきます。
昨今の健康ブームが続く中、不動の地位を築いている食品が青汁です。
青汁は昔から、大人から若者まで多くの人々に愛されている万能健康食品です。
一般的な青汁は液状タイプか水やお湯に溶かして飲む粉末タイプですが、最近ではサプリメントタイプの青汁も広く普及しています。
青汁を飲む人はお年寄りだという印象を受けますが、健康ブームの波に乗り若い利用者も増え始めています。
特に継続的な飲用が効果を生む青汁は、若いうちから飲み続けていくことで、健康的な肉体を根本から培っていくのです。
味の方も、若者向けに野菜ジュース風味に仕立てた商品や、乳製品を混ぜたマイルドなものなど、色々と工夫を凝らした商品なども販売されているため、苦いものが苦手な初心者でも気軽に飲めるようになっています。
青汁の成分はほぼ食物繊維の塊なので、日ごろの食生活で不足になりがちな成分を補うことにもつながり、便秘とは無縁の生活を送ることもできるようになります。
国の定めている野菜の摂取量も青汁を飲むことによって補うことが出来るため、野菜不足になりがちな現代社会において、健康的な生活基盤を築くのに大きな効果をもたらしてくれるのです。
健康に対するメリットばかりが大きく注目されがちですが、実際には食物繊維を大量に摂取できるというその特質上、美容にも良いため、主に若い女性にも最近需要が増え始めています。
毎朝一杯の青汁で、健康と美容を両立することが出来るのが、長い間多くのユーザーに飲み続けられている理由だと言えます。

時代と共に主流が変わってきた青汁の原材料

青汁は、現在日本ではとてもポピュラーな健康飲料となり実に様々な種類が販売されていて青汁を飲もうと単純に考えていたら、どれが自分に合っているのかわからず選ぶにも苦労する程です。
そんな青汁は最初出てきた頃は、まずいけど身体に良いから飲みます、といったイメージのある飲みにくさのあるものでした。
その原材料は、栄養が豊富なスーパー野菜と呼ばれるケールが主でした。
ケールは、独特の青臭さと苦味があるため、健康と美容の為だと思わなければ飲まないような味が当たり前でした。
良薬は口に苦し、という言葉通りの飲み辛さだったのです。
しかし、近年ではそうした飲みにくさを改善した青汁がほとんどになってきました。
飲みにくさの元であるケールを使う代わりに、比較的味にクセのない大麦若葉を使うものがとても多くなったのです。
大麦若葉も、豊富な栄養素をバランス良く含む為にケールの青汁よりも万人に受け入れられやすい味に仕上がっています。
また、大麦若葉ほどではありませんがついで人気なのが強靱な生命力を持つ明日葉を使った青汁です。
こちらも比較的クセが少なくて飲みやすい為、青汁初心者や子供などには向いています。
他には、そうしたクセのない野菜に緑茶を混ぜてお茶風味にしたものが人気となっています。
普通のお茶として飲むほどではないにしても、まずくて飲めないという人はほとんどいない青汁だらけになってきました。
そんな青汁の中で最近注目されているのが、フルーツ青汁です。
つまり青汁に甘い美味しいフルーツを混ぜて、飲みやすいどころかデザート感覚で美味しく飲める青汁が出てきました。
これは、主に女性ウケを狙っていて、甘くて美味しいし野菜も摂れて、しかも美容にも効果のあることで人気が高まっているのです。
青汁と一言にいっても、時代の流れと共に変化をしてきているのですね。
まずは原材料を見て自分に合う青汁を探すと良いでしょう。