葉酸サプリおすすめ

妊娠前~妊娠初期に摂取することが望ましい栄養素である「葉酸」ですが、適正な量を十分に摂ることもなかなか難しいかと思います。
葉酸をしっかり摂ることで貧血を予防したり、おなかの赤ちゃんの「無脳症」や「二分脊椎症」のリスクを下げる効果があります。
赤ちゃんのためにできることはなるべくしてあげたいと思います。
しかし妊娠初期にはつわりがあり、人によっては水さえも飲めなくなるほど症状が重くなる場合があります。
そんな中では食事から十分な量の葉酸を摂るのは難しいです。
もう栄養どころの騒ぎでなく「死ぬのかな…?」と不吉な予感が頭をかすめることもあるかもしれません。
そんな辛いつわり中でも葉酸を摂りやすい、サプリメントなんていかがでしょうか。

・葉酸サプリメントの特徴

現在は日本でも多くのメーカーから葉酸サプリメントが販売されています。
葉酸サプリメントは1日に必要な量の葉酸を手軽に摂れるよう計算され、その他の不足しがちなビタミンなどの栄養素も補うことができます。
非常に製品の数が多く、どれを購入したらいいのか悩む人が多いと思います。
いくつかの葉酸サプリを比較してネットに掲載している人もいますが、こればかりは実際に試してみないとわからないものも多いです。

・葉酸サプリメントの選び方

▼天然由来の葉酸サプリを選ぼう

厚生労働省が推奨しているのは天然由来の「モノグルタミン酸型の葉酸サプリメント」です。
葉酸サプリメントには化学成分から合成されたモノグルタミン酸型野菜や果物などの天然由来のモノグルタミン酸型があります。
天然由来のものは必要分以上は体から排泄されるため過剰になりにくく、安全性が高いといわれます。
購入前にしっかりと天然由来であるか確認しましょう。

▼粒が小さく飲みやすいものを選ぼう

つわりを経験したことがない人や、サプリメントを飲んだことがない人は軽視しやすいポイントかもしれません。
しかしサプリメントの「粒が小さい」というのは非常に大切です。
サプリメントを積極的に摂りたい時期である妊娠初期は、つわりの症状が始まって人によっては辛いピークの時でもあります。
その時期は非常に吐き気が強く、においや味にも敏感になっています。
そのためサプリメントはなるべく「粒が小さく飲み込みやすい」「味に癖がない」ものを選ぶのをおすすめします。
商品のホームページなどでこういった口コミが多数掲載されていますので、購入前にそちらでチェックするのがいいかと思います。

▼カルシウム・鉄分が配合されているものを選ぼう

妊娠中は「カルシウム」や「鉄分」が不足しやすくなるといわれます。
日本人女性は普段からカルシウムや鉄分の摂取量が少ないといわれますが、妊娠中はさらにその必要量が増えます。
妊娠中は食の好みが変わりやすく吐き気も強くなるため、カルシウムや鉄分も足りない分をサプリメントで補うと良いでしょう。

▼GMPマークがついているものを選ぼう

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、製品が安全につくられてきちんと品質が保たれることを目的とした製造工程管理基準のことです。
厚生労働省からも商品を選ぶ際にはこのGMPマークがついているものを選ぶのがよいと通達されているそうです。

葉酸サプリメントは飲みやすくて長く続けられやすいもの、そして安全であるものを選ぶことが重要です。
妊娠中は赤ちゃんのためだけでなく、自分自身の体を守る必要があります。
つわりがひどいと買い物がおっくうになることもありますが、今はネット通販で手軽に多くのサプリメントが購入できます。
つわりがひどくなる前や、妊娠を望んだ時から準備して購入しておくのも良いでしょう。
うまく食事が摂れないときは「赤ちゃんの成長に悪いのでは…」と不安になるかもしれませんが、サプリメントを飲んでいることで少し気持ちが楽になったりもしますよ。