葉酸いつまで摂ればいいの?

妊娠期間中、葉酸いつまで摂るべきか
葉酸いつまで摂ればいいの?

妊娠前、妊娠初期に葉酸を飲むことは効果的だという話は有名ですよね。

現在は産婦人科で行われる妊婦検診でも、
妊娠したら葉酸を摂るようすすめる
ようになりました。

「でも葉酸っていつまで摂り続けたらいいの?」
「そもそも葉酸ってサプリメントだけを摂ればいいの?」

そんな疑問がある人のために、
今回は葉酸の摂取期間と摂り方について説明しようと思います。
いくら葉酸サプリメントが飲みやすいからといって
過剰摂取になってしまったら不安ですものね。

・妊娠期間中、葉酸はいつまで摂るべきか

妊娠初期からつわりの時期、
思うように栄養が摂れない人が多いかもしれません。

体の変化、精神状態の変化、
妊娠中の女性の体には思わぬことがたびたび起こります。

ましてや出産のぎりぎりまで仕事を続ける人も最近は増えてきました。
忙しかったり体が思うように動かない人でも手軽に葉酸が摂れるように、
最近ではサプリメント商品が増えてきました。

葉酸を摂取する期間と量

葉酸を摂るようになったら次に気になるのが摂取する期間です。

いつごろまで葉酸を摂り続けるのが望ましいのでしょうか。

妊娠1か月前から妊娠3か月ごろまでは、
胎児の神経管閉鎖障害などの先天性リスクを下げるため
葉酸サプリメントを飲むことが推奨されています。

そして妊娠4か月以降
それまでの半分くらいの量で必要量を満たすといわれます。

そして授乳期に入った後
またさらに半分以下の量で充分とされています。

なので妊娠4か月以降はサプリメントをたくさん飲むのではなく、
なるべくバランスの良い食事から葉酸を摂ることで充分満たされるということになります。

・妊娠4か月以降に葉酸を摂りすぎると子供が喘息になる?!

ある調査によると、
妊娠後期に1日1㎎以上の葉酸を摂り続けた母親の子供は、
そうでない子供と比較して喘息のリスクが上がったというのです。

厚生労働省は1日1㎎(=1000㎍)を耐用上限としているので、
それを超えないように注意しましょう。

しかし妊娠していない女性は普段から葉酸の必要量を満たしていない
というのが現状のようです。

妊娠中期~授乳期にかけても普段より多めの葉酸を摂ることがすすめられています。

妊娠中期以降も葉酸を摂り続けることによって
貧血」「産後うつ病」「流産」「早産」などの
リスクを軽減させる効果があるといわれます。

妊娠中の過剰な葉酸自閉症リスクを上げる?

妊娠中に摂る適正な量の葉酸が、
さまざまなリスクを軽減することは有名です。

しかし行き過ぎた葉酸の摂取量が
「自閉症リスク」を上げるという報告があるのです。

米ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部教授のDaniele Fallin氏によると

分娩時に母親の血中葉酸値が非常に高い場合、
正常値の母親に比べて自閉症児が生まれる確率が2倍であり、
ビタミンB12の値が高い場合は3倍。
どちらも高い場合は正常値の17倍以上もリスクが上がる
とのこと。

適正な量の葉酸は自閉症のリスクを軽減しますが、
過剰に摂り続けるとむしろリスクが高くなってしまうというのです。

まさに「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

妊娠3か月ごろまではサプリメントの力を借りて

妊娠初期はつわりがあり吐き気がひどい場合も多いです。

また葉酸の必要量が多いため、
食事からだけでなくサプリメントの力を借りるとよいでしょう。

そして4か月以降はサプリメント中心よりも
なるべく食事から葉酸を摂るよう心掛け、
授乳期以降もそれを続けるのがおすすめです。

過剰摂取にならないよう気を付けながらも、
あまり神経質にならないようにしましょう。

妊娠したときからもうすでにお母さんになる準備が始まっています。

無理をせず、
栄養を摂りながら安心して過ごせるよう心がけましょう。